再就職は不安で怖い主婦必見!ブランクってマイナス?

主婦再就職の不安や心配

再就職を考える主婦さんも、最近は多いのではないでしょうか?

過去にバリバリと働いていても、あまり社会人経験がない人でも、
共通して不安!怖いと思えてしまう部分と言えば、「ブランク」といういう文字です。

再就職を考えた時にやっぱり1番怖いですよね(苦笑)
働いていない間、いったい自分は何をしていた?

それを聞かれるってなんだか、
自分が悪いことをしていたような気分にもなります。
(そんなわけありませんが!全然悪くありませんが!ただそう思えるのです)


そうなると、二の足を踏んで余計に踏み出せなくなって、
なかなか一歩前に踏み出せないということになります。

不安や恐怖があって、なんだか社会から値踏みされるみたいで
やる気が出ない~って感じですよね。

でも、もし、本気で働こうと思ったのなら、
それはもったいないです。
タイムロスです。


今とは違う新しい世界に踏み出す時は、
なんだって怖いものです。

大丈夫!一度整理して考えて、
マインド面とビジネス(お仕事)面の就職や再就職対策をたてましょう。

評価が怖くて不安!主婦のブランクってどうやったら埋めれるの?

再就職や就職を考える主婦さんやママさんから、
よく聞かれる質問です。

ビジネスやお仕事面から考えた時に、
働いていない期間のブランクを埋める方法っというは具体的にはありません。
雇われたり、起業したり、自営業だったりと、何かしら携わっていないと
なかなか「働く」ということを証明するには難しいものがあります。

それよりも、大切なことは、
面接官に質問された時に、ブランクについてどう答えるか?です。

ちょっと、ものは考えようだと思うのですが、
ブランクって、どう考えますか?

特にこのページを読んでくださっている方は、
主婦やママさんが多いと思うのですが、
ブランクを「何もやってない」と捉えますか?

主婦で、ママなのであれば、
働かたなった間がある理由って明確ですよね。

通常の理解がある、採用者や会社なら、
妙齢の女性で働いていない期間があるとしたら、
ライフイベントがあったのかな?と察しがつくはずです。

つまり、独身で働かなかった期間が長い人よりは
働いていない理由が明確で、
一般的に認められやすいと思います。

なので、そもそも、そこまで恐怖心や不安感を持つ必要がないとも
言えますね。

あとは、受ける会社さんのや採用担当者さんの、考えたと価値観次第
なので、コントロールできない部分で悩んでも、効率的ではありません。

それよりも、自分で調整の出来る部分で悩んだり、改善したりするほうが
よっぽど効率的ですよね!

前向きに考えましょう。

自分のキャリアを洗いざらい見つめなおす


まずは、自分のキャリアを洗いざらい見つめなおしましょう。

大切なことは、客観性です。

働き方や業界にもよりますが、
自分の仕事を具体的に説明できるか、履歴書や職務経歴書に書けるかが
重要です。

特に、正社員での再就職を目指すのであれば、
客観的評価は大切です。

過去の自分の経験の詳細をしっかり数字レベルでかき落とせますか?

自分が担当した顧客数はどれくらいなのか?
どれくらいの金額を担当していたのか?
(金額や顧客名の明示は守秘義務に該当する場合もあるので、
 面接や採用時に具体的に開示していけない場合もありますの注意です)

ここで大切なことは、自分がどれくらい具体的に自分のキャリアを把握しているかが
重要です。
実績をひけらかすという意味ではなく、
自分をしっかり語れることで、面接や書類選考での深みが変わります。

ブランクにつまづかない!自分をよく知ることが、再就職での鍵!

肝心なことなのですが、皆さん忘れがちなのは、
ブランクってその時点でどうすることもできません。
嘘でもつかない限り、ブランクをなかったことにすることはできません。

そのような、どうにもできない部分で悩むよりも、そのブランク期間に至った理由や
その期間に行ったアピールできそうなポイントを見つけ出し明確にしたほうが
よっぽど生産的です。

主婦やママである貴女は、
子育てや介護が完全に終了でもしない限り(その他もろもろ)、何年もついて回る悩み事項です。

大抵の場合、そのような時期が働きざかりともいえて、
仕事とのバランスを迫られることが多いですよね。

他人の協力で解決できることは、協力を仰ぎ、
どうにも変えられない部分は、そこを担保できる勤務体制の仕事を探す!


こんな風に、シンプルに割り切ってみることも重要です。

隣のあの人とは決して比べず、
自分の人生ライフプランにあった、ワークライフバランスを見つけていきましょう。

焦りは禁物ですよ!☆☆




コメント

タイトルとURLをコピーしました