主婦の仕事探しや再就職時の不安!簡単解決まずはコレ!

主婦再就職の不安や心配


20代後半から30代40代の女性は、ライフイベントが盛りだくさんですよね。
そのライフイベントの中で
結婚して、子供が生まれて、なんらかの理由によって、仕事を辞めたり、専業主婦を選択した
女性やママさんって、実はけっこう多いのではないでしょうか?

そして、また何らかの理由によって、働いてみようと思うタイミングがきた!という人もいるでしょう。

よくそんな女性人やママさんのお悩みを聞く機会があるのですが
その中でも多いのが以下だと思います。



しばらく仕事から離れていたけど、採用されるかしら・・
年齢的に大丈夫かしら・・?
子供もまだ手がかかるし、本当に外で働いて両立できるのかしら・・??
あの人はなんでも両立できていいるのに私はなぜ出来ないの??焦り

色々な不安や問題が頭をよぎり、なかなか行動に移せない・・

こんな風にモヤモヤがとまらない人もいると思います。



不安の連鎖って、次から次に不安を作り出してしまって、
とまらなくなる時ってありませんか?

私もそういう時があったので、よくわかります。

でも、大丈夫です。
そんな風に感じるのは貴女だけではないですし、自分の人生の中で大切な優先順位を決める
ことによって安定してきます。

今日は、もう一度働いてみようと思った、貴女の心が少しでもフワと軽くなる
そんなヒントをご紹介したいと思います。

(ここでは、再就職の範囲をパートやフルタイムすべて働き方を指しています)

他人と自分を比べない!再就職成功への不安を取るにはこれが1番大切


まずは、貴女にとって、1番大切なこと。

それは、

どうしてもう1度働こうと思ったのか、自分の価値観や決断の理由をよく思いだして
みましょう。

憧れの職業がある?
挑戦してみたい仕事がある?
生活費の不安があったから?
将来への蓄え?
子供が手を離れて、自分の時間が出来たから?
もともと、〇歳になったらもう1度働こうと考えていた。


大切なのは、「自分」の内発的動機から出てきた答えかどうか?!
です。

色々な不安や心配ごとがあると思いますが、それが、自分の人生を考えて、
自分が軸となった理由から出てきた理由であれば問題ありません

でも、1番よくないのは、

回りの誰かや
第三者の意見で 「働かなければ!」と焦ってしまうことです


これがもっとも、根拠のない不安をあおります

ママ友や主婦友が集まると、
それはそれは色々な情報が集まりますよね。

専業主婦を選んでいる人
働くことを選んでいる人
もう1度働こうか悩んでいる人

同じママ友や主婦友といっても、バックグランドはまったく異なる、
状況も性格も異なる人間の集まりです。

その中で、もし、働くことを強調する人に出会ったら・・?
強い主張の場合は、働いているほうが正しいといってくる場合も・・

それはそれで、あくまでその人の価値観で、貴女の価値観ではないはずなのですが、
もし、自分の中に不安定な種があると、うっかりと「自分もそうでなければ!」と思って
しまうかもしれません。

そうやって、自分の正しい答えや価値観ではなくても、うっかり、その人の意見に
のってしまい、いかにも自分の価値感のように思ってしまい
結果焦る・・

これが、主婦が働こうと思った時になってはならない1番よくない状況です。

これでは、自分の本来の価値基準にそった答えではないので、
自分の生活状況や、根拠に基づいていないので、解決のしようがない不安にひたすら
さいなまれます(汗)

こうやって、文章にすると、そりゃそうよね~と分かるものですが、
意外と、自分がこの状況に陥るとわからなくなるものです。

ハッとした方いませんか?

主婦の再就職で大切なことは、自分の状況や価値観に合わせて考えること

上記であげてきたことに当てはまるわ~という方がいたら、
是非1度おちついて振り返ってみましょう。

ママ友や主婦友から不安を煽られて、再就職を考えたところで、根拠のない不安や
悩みにさいなまれるだけで、本来の目的達成から大きくずれたり、せっかく就職しても
肌に合わないという状況が起きる可能性があります。

理由はこれ!

① ママ友、主婦友といっても、人生価値観は人それぞれ。その人の本性や真実のな病は
  所詮誰にもわからない。

  

② メディアやSNSに必要以上にあおられない。これは、①をさらに拡大したようなもので   
  す。中立にデーターに基づいて書いているメディアももちろんありますが、根拠なく
  おもしろおかしく書いているだけという場合もあります。
  それに、データーとして正しくても、それが客観的に貴女のことを言っているとも
  言えません。

  情報を得る手段として、メディアやSNSはとても便利ですが、
  しっかり取捨選択できる冷静な頭と心でチェックしましょう。

③ ママ友や主婦友のストレスや不安は、貴女のものではない。

  女性ですから、知り合いなど仲間うちで、近況を語り合えばスッキリして
  また明日から頑張ろう!と思えるのはごく自然なことだと思います。
  そうやって、健全な範囲でお話会や日頃のストレス発散ができていれば
  何の問題もありません。
  でも、必要以上にストレスを抱えている人が、その中にいた場合、
  攻撃性をもった発言をしたり、嫌味や不安を煽るようなことを、わざと言ってくる
  人もいるかもしれませんね。
  
  でも、それは、その人自身の問題で、貴女のことではないのです。
  たとえ、似た不安や問題を抱えていたとしても、細かい状況や不安は貴女のもっている
  不安やストレスとは異なるのです。

  決して、相手のストレスや不安に煽られて、自分のストレスと認識しないようにしてくださいね。


以上、三つのことから、共通していえるのは、
人と比べないということです。

貴女はあくまで貴女であって、ママ友や主婦友の「あの人」とはまったく別人格なのです。
家庭環境・状況・経歴もまったく異なりますよね。

なので、比べて落ち込むこと自体がナンセンスです。

まとめ

主婦の貴女が、もう一度、勤めに出てみよう!働いてみようと思った時、
回りと比べて不安になってしまう貴女。

まずは、自分が働こうと思ったきっかけを、しっかり見つめてみましょう。

10人いたら10通り、100人いたら100人通りの理由があります。

とにかく大切なのは、他人の意見にインスパイアされないこと。
必要以上に煽られないこと。

貴女自身の人生設計を考えた時に、どうして働こうと思うのか?

これを明確にすることが何よりも重要です。

この基本軸が明確にはっきりとフに落ちると、他人と比べることもなくなり
必要以上に不安にかられることも減ります。

再就職したいと思っても、再就職の仕方やスタイル自体も千差万別。

貴女の望みにより近い環境を手に入れる為にも、
まずは自分の再就職への望みや、理由をハッキリさせましょう。


では、また更新しますね








  









コメント

タイトルとURLをコピーしました