主婦がパートだとむなしい?あほらしいの?心理的原因とを解決方法

主婦再就職の不安や心配

今日、ちょっと衝撃的なことを聞きました。

主婦がパートやアルバイトをしていることを、むなしいと思ったり、あほらしいと思ったり
する人が少なからずいるそうです。

逆に、考えたことも思いついたこともなかった!
パートやアルバイト職で快適だよ。 フルタイムや社員は大変じゃないか?!

と、思う方もいるかもしれませんね。


筆者は、20代の頃、激務に耐えかねそうになり、隣の会社で、パートやアルバイトの短時間で働いて
も生活が出来る主婦さん達がうらやましくてしょうがないと思ったこともあったぐらいですが(笑

実際に、パートとして働いていたこともありますしね。今は流れでフルタイムで働いています。

パートやアルバイトで活き活きと働いている人達を知っているので、
まずは、そんなに悲観する必要はないと思うのですが、
現状に満足していない人やストレスを抱えている人の心理を調べてみると
以下のようなことがあるようです。

ストレスを抱えている人への解決ヒントになればと思い、
今日はその心理的要因と解決方法をご紹介したいと思います。

主婦のパートはむなしい?そう思う原因を具体的に知ろう




ただ単に、心無いだれかに言われて、心がざわついているのでしょうか?
それとも、自分自身がそう思っていて、指摘されたようで嫌なのでしょうか?
もともと働きたくないのに、働くはめになってしまったのが嫌なのでしょうか?
フルタイムや社員に憧れているからそう思っているのでしょうか?
働いてもほとんど収入が消えてしまい、余裕のある暮らしにならないからでしょうか?
誇りを持って頑張っているのに、家族が認めてくれないのでしょうか?
はたまた、友人がマウントを取るようなことを言うのでしょうか?



実は、一口に、パートはむなしい、あほらしいと思っていても、
人によって心のうちは異なるものです。

どうして、そう思うのか、まずは、自分の本音を把握することが大切です。
紙にザーッと書いてみてもいいでしょう。

イライラしたり、不安になる理由の1つに、
自分が具体的に何に「イライラしている」「不安になっている」のか分からないから!
ということもあります。

意外とこれだけでも、客観的に把握するとスッキリする場合もありますよ!

むなしい?あほらしい?から脱却する解決方法をグループわけしよう

自分がイライラしたり、不安になっている内容が、なんとなく具体的に把握
でたら、次は以下の悩みのグループ分けにて、解決への糸口を是非みつけてみてください。

パートやアルバイト職に対して心無いことを言われてざわついている!



→ 聞き流す。 心無いことを言う人のほとんどの人は、実際のところ、貴女の人生にとって
  責任をとるような立場にいません。 例え友人であっても、貴女の生活費をささえている
  わけでもなんでもないことがほとんど! 寂しい人ね~と心の中で烙印を押しちゃえはOK
  です

どんなにパートやアルバイトで働いても、生活に余裕が出ない

→ もし、転職することのが可能な状況なのであれば、1度本気で、給料や待遇面を考えて、
  転職してフルタイム(パート、社員、派遣など)を検討してみるべし!
  もし、日に8時間以上働くことが出来る状況なのであれば、転職を考えたほうが無難です。
  体に無理のない範囲で、掛け持ちという手もあります


→ フルタイム(パート、社員、派遣)などで、がっつり働けるほどの環境や状況ではない場合、
  今はこういう時期と割り切る。
  もしかしたら、貴女の回りにはあまりいないのかもしれませんが、
  家庭や子育てのバランスをとって、今は働くことをセーブしたいと考える主婦もけっこう多い
  ものです。
  働いても働いても、家計や養育費にがっつり消えてしまうという時期は、主婦をしていれば、
  ほとんどの確率で遭遇することです。
  1日1日でみると、忙しさから、むなしいと感じてしまうことがあるかもしれません。
  でも、5年10年スパンで考えた時に、家庭と両立しながら、家計を支えたことが、
  本当にむなしいでしょうか? 夫や子供が、外で元気に働き、勉強したり多くの経験が出来る
  のは、貴女が家庭を仕事と両立して支えているからです。
  家族の経験や健康は未来の要ですから、何も悲観することなく未来への投資だと思えばいいの
  です。
 
  

働きたくないのに、働かざるえない状況になっている


→ これも、1つ上の答えと似てきますが、
  今は「こうゆう時期」と割り切ることです。
  おそらく、貴女が働くことによって、家計が安定するわけですから、
  とても重要なポジションや役割を果たしているといえますよね。
  自分で稼いだお金が、家族や自分の糧になっているという事実をしっかり見つめなおしま
  しょう。
 
  
  ただし、働く理由が貴女自身では解決できないようなマイナスな理由だった場合は、
  置かれている状況を変えるということが必要な場合も。
  例えば、
  パートナーが生活費をいれてくれない、生活費を計画性もなく使ってしまう。
  両親や義両親、親族がこれにあたる場合もありますよね。
  こういった場合は、根本の理由が貴女が働くことによって解決できることではありません。
  厳しい事を言うかもしれませんが、貴女を消耗するだけのパート―ナーや家族と一緒に
  いても解決しません。
  建設的な話し合いができない場合は、距離をおく、第三者をいれて話す、離婚をすると
  いうことも必要ということです。

  貴女の働いて得た金銭を意味があるようにするということが何よりも大切なことです。
  

パートナーや夫、家族がパート職を認めてくれない


→もし、聞き流せない程度に人の仕事をバカにしてくるのであれば、
 単に貴女のパートナーと夫の人間性が「その程度」ということです(汗)
 家庭と仕事を両立し努めているなら、なおさらのことです。

 パートナーや夫、家族や義家族も、社会でストレスを抱えており、貴女に甘えているといえば
 聞こえがいいかもしれませんが、だからといって、他人をストレス発散に使うと
 いうことは決して正しいことではありません。
 尚且つ、子供がそういったシーンをみていると、良い心理的影響も与えません。

 そもそも、貴女が働くことによって、家庭も夫も何かメリットを得ているはずですよね?
 それを具体的に、パートナーや夫、家族に提示してみましょう。

 例えば、働かなければいけない状況になっている、家計簿を具体的にプリントアウトしてみせる。
 など、根拠と証拠を数字で見せるなどしてみましょう。


 
 また、いくら家族やパートナーといっても、人の人格を否定したり、見下すことは、
 一線を越える場合は、モラルハラスメントです。
 耐えることばかりが、答えではありません。 
 場合によって、頼れる第三者をはさんだり、市町村の公的機関に相談したりと、自分の尊厳を守る
 行動をとることも重要です
 

友人にひけめを感じる、マウントを取られる


→友人が特別何かを言ったり、行動をとってくるわけではなく、
 貴女とは異なる状況で活躍している友人が、ただうらやましく思えるということであれば、
 それは、ちょっと大げさな言い方をすると、貴女が勝手に一人で妄想を広げている可能性が
 あります。
 貴女は貴女の人生を歩んでいるのであり、本来、親しい友人であっても人生はまったく関係
 ありません。貴女が人生に必要だと思う選択を取り続ければいいのです。他人の人生で貴女が
 悩む必要はないですからね(^_-)-☆

→マウントを取る友人がいる
 明らかに見下したような言い方、自分の優位性を誇示する友人だとするならば、
 そもそも、その方は本当に貴女の友人なのでしょうか?
 貴女は、誰かのサンドバッグになるために存在している訳ではありません。
 そういったことを言う人は、大抵の場合、消化できない不安や不満を抱えている場合が多いです。
 それを正直に相談できれば可愛いのですが、言えないから、他人を貶めて自分を正当化したいの
 です。
 また、どんなに長年の友人であっても、置かれている状況の変化で心境が変わっている
 ということもあります。
 本当に友人であるのならば、時間が経ってからまた笑いあえる日が来ることもあると
 思います。
 しかし、貴女と会うことによって、友人ばかりが優位性を誇示するだけの関係であれば
 おそらく貴女にとってネガティブな相手であるのでしょう。
 そんな時は、いちいち言いかえす必要もありません。
 そっと距離を置きましょう。 自分の精神をすり減らしてまで、友人関係を続けることが
 本当に必要なことかどうか冷静に考えてみると答えが見えてくると思います。

もっと自分はやれるはずなのに・・!と思えて仕方がない


→この場合は、単純に意欲や能力を持て余している場合があります。
 ただし、自分への過大評価ではNGですので、1度冷静に考えてみてください。
 
 自分が持っている、能力や経験値とすり合わせてみて、もうちょっとやれそうだと
 判断できるのであれば、是非、転職をおススメします。
 働けられる時間や、業務内容をもう1度洗いなおして、新しい環境にチャレンジしてみる
 ことをお勧めします。
 ただ、今の職場を否定するのではなく、得られた経験、業務内容などは1つの武器と考えて
 前向きあたることによる、より新しいチャンスも広がると思いますよ!
 

 

主婦がパートをすることで得れるメリットをもう1度考えよう

毎日の生活に追われていると、つい忘れがちになってしまうのが
なぜ、自分はパート職やアルバイト職を選んだのか?ということです。

それは、細かいことを言うと、100人いたら100人通りの答えがあります。

子持ち主婦さんだと、子育てとの両立などの理由や家計の為など答えが思いつくと
思いますが、他にもけっこう沢山の理由があるものです。
筆者は、過去に色々な理由で働いている人と出会いましたよ!
なるほど!と思ったところでいくと、

①とくにかく家から近い
②家から近すぎると嫌だから2駅先ぐらいが丁度いい
③暇つぶし、または運動不足になるから
④正社員は大変だから嫌
⑤プライベートを大切にしたい、予定が多い
⑥健康的理由
⑦1つの職場で働くのが苦手、常に掛け持ちしていたい
⑧長時間労働が嫌


など、です。

どう?意外と思いあたる人もいるのでは??


影響を受けやすい人だと、
自分が今のパートやアルバイト職を選んだ理由を日々の生活に呑まれて
忘れがちになってしまう場合もありますが、
必ず何かしらのメリットがあったはずです!

本来の自分の目的を忘れてしまうと、
意味が見出せなくなってしまうので、是非、思いだしてみてください。

貴女は貴女の価値基準で生きていくのが、
貴女が1番幸せになる近道ですよ






コメント

タイトルとURLをコピーしました