正社員かパートか迷う!主婦やママさん向け再就職雇用別メリットデメリット

主婦再就職の不安や心配


一度お仕事を離職して、
家庭の事情に専念されていた方や、子育てや介護に専念されていた方など
事情は色々だと思いますが、ママ業や専業主婦業に専念されていた方って
けっこう多いと思います
家庭も落ち着いたことだし、子育ても落ちついてきたし
そろそろ、お仕事でも再開しようかな~と考えている
主婦さんやママさんもいるのではないでしょうか?


今日は、そんな、ママさんや主婦さん向けに
パート(アルバイト)がいいか?
正社員がいいか?
★世の中の雇用形態は、この2つではなく、もっと多くありますが
今回は主にこの2つにフォーカスします★

雇用形態について考えていきたいと思います。

やっぱりまず最初に思うのが、
パートタイム(アルバイト)または正社員?
どちらにしようかな?と思うのではないでしょうか?


どちらも、メリットデメリットがありますし
一長一短ですよね。

パート(アルバイト)で自分の時間を管理しながら働きたい
正社員でバリバリ働きたい
など、色々な価値観や基準があってしかりです。

1つ大切なのは、自分がしっかり地に足をつけて
どんな働き方があっているか考えることです。

では、チェックしていきましょう。


ママや主婦の再就職ならパート(アルバイト)か正社員?目的から逆算しよう



まず、そもそもですが、
パート(アルバイト)や正社員を選ぶメリットデメリットを考えたり、
取捨選択するにあたって大切なのは、
メリットデメリットを考えるにあったて
貴女が再就職や社会復帰をする際に、最優先する大切な事項は何でしょうか?

と、いうのも、
パート(アルバイト)、正社員のどちらを選ぶにしても、
ママや主婦である貴女が、どういう目的を1番としているか、大切としているか
で、見えてくるメリットデメリットも大きく変わってきます。

雇用形態の良し悪しは一長一短です。
就職を目的とする人が、どの価値観や目的から考えるかで
十人十色の答えがあります。

1つは、隣のママや主婦さんと同じ状況に見えても、
心の中でどんな目的や価値観をもっているかで、それぞれ適所な雇用形態の
答えはまったく違います。

なので、本気でよりよい将来を望むなら、
まずは回りに流されず、自分の目的とゴールを明確にしましょう。

パート(アルバイト)と正社員のメリットデメリットを整理しよう

では、さっそく
一般的なパート(アルバイト)と正社員のメリットデメリットの可能性を整理していきましょう。

細かくいうと、就職を狙っている業界や職種によってはこの通りではないと思いますが、
おおよその判断基準として、1度頭の中を整理していきましょう。

パート(アルバイト)

メリットの可能性

① 時短勤務しやすい
② 働く曜日や時間帯を選びやすい
③ 休みや早退等の融通が正社員よりききやすい可能性が高い
④ 扶養の範囲内で働くことができる
⑤  重責な仕事を任させることが少なく、精神的プレッシャーが低い
⑥  働く時間や日数を調整することにより肉体的・精神的負担が軽い
⑦ プライベートの用事や家庭との両立がしやすい
⑧ パートアルバイトであっても、社会保険制度がしっかりしている会社
  は加入できる場合がある


デメリットの可能性

① 正社員と同じ福利厚生をうけれない場合がある
② 時給面が低かったり、ボーナス支給に該当しない場合が多い
③  パート(アルバイト)で入社しても休みにくい場合がある
④  補助や補佐的な仕事が多い可能性もある
⑤  職種によってコロナ等や社会情勢の悪化による影響をうけやすい場合がある

正社員


メリット
① 福利厚生の恩恵をうけやすい
② 社会保険制度の対象
③ 責任のある仕事に従事できる
④  昇進や昇給の可能性がある 経験値やキャリアを積みやすい
⑤  ボーナス支給対象に該当しやすい

デメリット
① 勤務時間の拘束がある(長い)、肉体的疲労が溜まりやすい可能性もある
②  仕事量が多かったり、重責を負いやすく精神的プレッシャーがかかりやすい
③  有給をとりにくい場合がある
④  社内外の人間関係などしがらみから距離をおきにくい可能性がある
⑤  緊急時に残業等や仕事を断りにくい

必ずしもメリットデメリットではないことに注意!

主だったメリットデメリットを書いてきましたが、
ご覧になった人によっては、メリットの部分がデメリットで、デメリットの部分が
メリットだ!という方もいるのではないでしょうか?
また、働く会社の雰囲気や文化によっては、メリットの恩恵が受けれなかったり
、逆にデメリットの部分が殆どなかった!という場合もあるでしょう。

その通りで、どんな働き方をしたいか
何を基準にしているのかで、メリットやデメリットは変わってくるものです。
最近はテレワーク可という求人もあるので、職種や業界によって
事情は異なります。

貴女が再就職や社会復帰しようと考えている業界や職種の傾向はどうですか?
一度、あてはめて考えてみましょう。

自分はどちらのほうが優先性が高いのか?

書き出して整理してみるのが1番早いかもしれません。

正社員とパート(アルバイト)で悩むなら、収入面と働ける時間どちらが大切か考えてみよう

パートや正社員のメリットデメリットの捉え方は
ママや主婦が、どのような価値観で考えているか、また目指す業界や職種によっても
変わってきます。
その中で、自分に合った選択が出来るようであれば、結局のところ
正社員でもパートアルバイトでも問題ありません。

しかし、いま1つ決定打に欠けるようであれば、
人生の中で今後最優先しなければいけないことは何か考えてみましょう


例えば、
生活や資金面に余裕がなく、経済的に不安を感じる人は、
給料や時給がそれなりにある方向を選ばなければなりません


また、現在、事情があり家族の扶養に入っていない場合や、
入る余裕がないという場合、国民年金の未払いなどが発生している場合は
将来の金銭面や生活面に不安が残ります。
雇われるという方法以外で(例えば民間の保険や資産運用)で解決できるので
あれば問題ありませんが、通常はそこまで手が回すのにはハードルが高い
こともあります。
その場合は、
やはり、社会保険制度が整っている正社員を目指す、または
パートアルバイトであっても社会保険制度を適用してくれる
会社を選ぶ必要もあります。
または、収入面をいったん確保して、ご自身で積み立てる方法を模索すると
いう方法もあります。

現状、大きな金銭面の欠点はないが、生活の足し程度でいいというのであれば、
短時間のパ―トやアルバイトでも問題ないと言えますね。



一方、時間的余裕がきっかけで働きたいと思う方は、
まずは、何時間ぐらい働けるのか?というところから逆算する必要があります。


どんなに働きたくても、数時間しか確保できないとなると正社員は難しいという場合もあります。
(最近は、テレワークも増えたので絶対ではありませんが)


時間的余裕から働くことを検討している人は、
まず、どのくらいの時間と日数を働くことができるのか考えてみるといいですね。

必ずしも正社員である必要はなく、
自分の希望や望みをかなえる為にパートやアルバイトのメリットを
得たほうが良いといえます。

最近は、家庭やプライベートとの時間割を大切にしている女性も多いです。
ワークライフバランスが取れることにこしたことはありません。

正社員かパートアルバイトで再就職を迷わない為に

ここまでお読みいただいてありがとうございます。
冒頭でも書きましたが、
まずはママや主婦が社会復帰や再就職を考えた時に、他人の意見や世間のイメージに
左右されないようにするということです。

現状の貴女のスキルや、貴女の生活状況、将来にのぞむ人生設計から
逆算して、雇用形態を選ぶべきです。

100%ぴったりの職場に出会えないという可能性ももちろんありますが
、目的があやふやだと、せっかく出会えた仕事をしんどく感じてしまうかもしれません。

そうならない為にも、
メリットデメリットを自分の観点から捉えて検証してみましょう。

困った時は、
金銭的理由が大きいのか?時間的余裕が大きいのか?
この2点からスタートしてみると、整理しやすいといえます。

健闘を祈ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました